神戸大学 前期理系 2009年度 問2

解答を見る

解答作成者: 米村 明芳

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 神戸大学
学科・方式 前期理系
年度 2009年度
問No 問2
学部 理学部 ・ 医学部 ・ 工学部 ・ 農学部 ・ 海事科学部
カテゴリ 微分法と積分法
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[a5j]{jsarticle} \usepackage{mystyle} \begin{document} \input{size} %\let\kakko\ajKakko \begin{FRAME} \quad $f(x)=x^3-3x+1$,$g(x)=x^2-2$とし,方程式$f(x)=0$について考える.このと き,以下のことを示せ. %(配点30点) \begin{toi} \item $f(x)=0$は絶対値が2より小さい3つの相異なる実数解をもつ. \item $\alpha$が$f(x)=0$の解ならば,$g(\alpha)$も$f(x)=0$の解となる. \item $f(x)=0$の解を小さい順に$\alpha_1$,$\alpha_2$,$\alpha_3$とすれば, \[ g(\alpha_1)=\alpha_3\ten g(\alpha_2)=\alpha_1\ten g(\alpha_3)=\alpha_2 \] となる. \end{toi} \end{FRAME} \end{document}