京都大学 前期文系 2006年度 問3

解答を見る

解答作成者: 米村 明芳

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 京都大学
学科・方式 前期文系
年度 2006年度
問No 問3
学部 総合人間(文) ・ 文 ・ 教育 ・ 法 ・ 経済
カテゴリ 数と式
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[a4j]{jsarticle} \usepackage{mystyle} \begin{document} \input{size} \quad $Q(x)$を2次式とする.整式$P(x)$は$Q(x)$では割り切れないが,$\{P(x)\}^2$ は$Q(x)$で割り切れるという.このとき2次方程式$Q(x)=0$は重解を持つことを 示せ. \end{document}