京都大学 理系乙 2009年度 問3

解答を見る

解答作成者: 米村 明芳

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 京都大学
学科・方式 理系乙
年度 2009年度
問No 問3
学部 医 ・ 理 ・ 薬 ・ 工 ・ 農 ・ 総合人間(理) ・ 経済(理)
カテゴリ 確率
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[a5j]{jsarticle} \usepackage{mystyle} \begin{document} \input{size} \begin{FRAME} \quad $n$枚のカードを積んだ山があり,各カードには上から順番に1から$n$まで番 号がつけられている.ただし$n\geqq2$とする.このカードの山に対して次の試 行を繰り返す.1回の試行では,一番上のカードを取り,山の一番上にもどすか, あるいはいずれかのカードの下に入れるという操作を行う.これら$n$通りの操 作はすべて同じ確率であるとする.$n$回の試行を終えたとき,最初一番下にあっ たカード(番号$n$)が山の一番上にきている確率を求めよ. \end{FRAME} \end{document}