京都大学 理系甲 2008年度 問2

解答を見る

解答作成者: 米村 明芳

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 京都大学
学科・方式 理系甲
年度 2008年度
問No 問2
学部 医 ・ 教育(理)
カテゴリ
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[a4j]{jsarticle} \usepackage{mystyle} \begin{document} \input{size} \mondai\ 正四面体ABCDを考える.点Pは時刻0では頂点Aに位置し,1秒ごとにある頂点から 他の3頂点のいずれかに,等しい確率で動くとする.このとき,時刻0から時刻 $n$までの間に,4頂点A,B,C,Dのすべてに点Pが現れる確率を求めよ.ただし $n$は1以上の整数とする. \vspace{4mm} \textsf{乙\ajKaku{2}と共通} \end{document}