京都大学 前期理系 1996年度 問6

解答を見る

解答作成者: 米村 明芳

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 京都大学
学科・方式 前期理系
年度 1996年度
問No 問6
学部 理 ・ 医 ・ 薬 ・ 工 ・ 農 ・ 総合人間(理)
カテゴリ 積分法の応用
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[a5j]{jsarticle} \usepackage{mystyle} \begin{document} \input{size} \begin{FRAME} \quad ガソリンを $x$ kg 積んだ状態で時速 $v$ km で走るとき, 毎時 $\Frac{100+x}{100} e^{kv}$ kg のガソリンを消費する 車がある.ここで $k$ は正の定数である.この車を用いて 100 km 離れた地点へ一定速度で行くとき,ガソリンの消費量 を最小にするには,最初に積むガソリンの量と走行速度をどの ようにすればよいか.ただし,ガソリンがなくなれば車は直ち に停止するものとする. \end{FRAME} \end{document}