名古屋大学 前期理系 1998年度 問2

解答を見る

解答作成者: 岩沢 潔

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 名古屋大学
学科・方式 前期理系
年度 1998年度
問No 問2
学部 理 ・ 医 ・ 工 ・ 農 ・ 情報文化(自然情報)
カテゴリ
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

% Converted from Microsoft Word to LaTeX % by Chikrii Softlab Word2TeX converter (version 4.0) % Copyright (C) 1999-2007 Chikrii Softlab. All rights reserved. % http://www.chikrii.com % mailto: info@chikrii.com % License: CSL#004038 \documentclass{article} \usepackage{latexsym} \setlength{\topmargin}{-10mm} \setlength{\oddsidemargin}{2.5mm} \setlength{\textwidth}{440pt} \setlength{\textheight}{670pt} \renewcommand{\baselinestretch}{1.8}\selectfont \begin{document} \noindent 理\fbox{2} 座標平面上に4点$\mbox{A}(\,0\,,\,1\,)$,$\mbox{B}(\,0\,,\,0\,)$,$\mbox{C}(\,1\,,\,0\,)$,$\mbox{D}(\,1\,,\,1\,)$を頂点とする正方形を考え,この正方形の頂点上を点Qが1秒ごとに一つの頂点から隣の頂点に移動しているとする。さらに,点Qは$x$軸と平行な方向の移動について確率$p$,$y$軸と平行な方向の移動について確率$1-p$で移動しているものとする。最初に点Qが頂点Aにいたとするとき,$n$秒後に頂点A,Cにいる確率をそれぞれ$a_n \,,\,c_n \,$とする。$a_n \,,\,c_n \,$を求めよ。 \end{document}