東京大学 文系 2004年度 問4

解答を見る

解答作成者: 安田 亨

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 東京大学
学科・方式 文系
年度 2004年度
問No 問4
学部 文科一類 ・ 文科二類 ・ 文科三類
カテゴリ
状態 解答 解説 ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[a4j]{yasuda-book1} \usepackage[dvips]{graphicx,color} \usepackage[deluxe]{otf} \usepackage{amsmath,ceo} \begin{document} \lineskip=4pt \lineskiplimit=4pt 片面を白色に,もう片面を黒色に塗った正方形の板が3枚ある.この3枚の板を机の上に並べ,次の操作を繰り返し行う.さいころを振り,出た目が1,2であれば左端の板を裏返し,3,4であればまん中の端の板を裏返し,5,6であれば右端の板を裏返す.たとえば,最初,板の表の色の並び方が「白白白」であったとし,1回目の操作で出たさいころの目が1であれば,色の並び方は「黒白白」となる.さらに2回目の操作を行って出たさいころの目が5であれば,色の並び方は「黒白黒」となる. \begin{shomonr} 「白白白」から始めて,3回の操作の結果,色の並び方が「黒白白」になる確率を求めよ. \end{shomonr} \begin{shomonr} 「白白白」から始めて,$n$回の操作の結果,色の並び方が「黒白白」または「白黒白」または「白白黒」になる確率を$p_n$とする.$p_{2k+1}$($k$は自然数)を求めよ. 注意:さいころは1から6までの目が等確率で出るものとする. \end{shomonr} \lineskip=4pt \lineskiplimit=4pt %\includegraphics[width=6cm]{2004-toudai-bun-4.eps} \end{document}