大阪大学 前期理系 1999年度 問5

解答を見る

解答作成者: 森 宏征

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 大阪大学
学科・方式 前期理系
年度 1999年度
問No 問5
学部 理学部 ・ 医学部 ・ 歯学部 ・ 薬学部 ・ 工学部 ・ 基礎工学部
カテゴリ 確率
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[a4paper,12pt]{jreport} \usepackage{amsmath} \usepackage{amssymb} \usepackage{ascmac} \setlength{\topmargin}{-25mm} \setlength{\oddsidemargin}{-1mm} \setlength{\textwidth}{420pt} \setlength{\textheight}{700pt} \usepackage{vector3} \usepackage{pifont} \begin{document} \setlength{\abovedisplayskip}{0.5zw} \setlength{\belowdisplayskip}{0.5zw} \noindent% \begin{minipage}{290pt}  一辺の長さが4の正方形の紙の表(おもて)を, 図のように一辺の長さが1のマス目16個に区切る. その紙を2枚用意し, AとBの2人に渡す. AとBはそれぞれ渡された紙の2個のマス目を無作為に選んで塗りつぶす. 塗りつぶしたあと, 両方の紙を上にしてどのように重ね合わせても, 塗りつぶされたマス目がどれも重ならない確率を求めよ. ただし,2枚の紙を重ね合わせるときには, それぞれの紙を回転させてもよいが, 紙の四隅は合わせることとする. \hfill(配点率20%) \end{minipage} \begin{minipage}{90pt} \hspace*{1.5zw} %\input{osaka99s5f_zu_1b5} { %WinTpicVersion3.08 \unitlength 0.1in \begin{picture}( 8.9100, 8.9100)( 8.0000,-12.9100) % BOX 2 0 3 0 % 2 800 400 1691 1291 % \special{pn 8}% \special{pa 800 400}% \special{pa 1692 400}% \special{pa 1692 1292}% \special{pa 800 1292}% \special{pa 800 400}% \special{fp}% % LINE 2 0 3 0 % 2 1023 1291 1023 400 % \special{pn 8}% \special{pa 1024 1292}% \special{pa 1024 400}% \special{fp}% % LINE 2 0 3 0 % 2 1245 1291 1245 400 % \special{pn 8}% \special{pa 1246 1292}% \special{pa 1246 400}% \special{fp}% % LINE 2 0 3 0 % 2 1468 1291 1468 400 % \special{pn 8}% \special{pa 1468 1292}% \special{pa 1468 400}% \special{fp}% % LINE 2 0 3 0 % 2 800 623 1691 623 % \special{pn 8}% \special{pa 800 624}% \special{pa 1692 624}% \special{fp}% % LINE 2 0 3 0 % 2 800 845 1691 845 % \special{pn 8}% \special{pa 800 846}% \special{pa 1692 846}% \special{fp}% % LINE 2 0 3 0 % 2 800 1068 1691 1068 % \special{pn 8}% \special{pa 800 1068}% \special{pa 1692 1068}% \special{fp}% \end{picture}% } \end{minipage} \end{document}