神戸大学 前期理系 1999年度 問2

解答を見る

解答作成者: 米村 明芳

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 神戸大学
学科・方式 前期理系
年度 1999年度
問No 問2
学部 理学部 ・ 医学部 ・ 工学部 ・ 農学部 ・ 海事科学部
カテゴリ 数と式
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[a5j]{jsarticle} \usepackage{mystyle} \begin{document} \input{size} 理文共通第2問 \begin{minipage}{\linewidth-15zw} \quad 合同な平行四辺形を平面にしきつめて,図のように2組の平行線からなる 格子を作り,その各交点を格子点と呼ぶ.  図のような3つの格子点O,A,Bについて $|\Vec{\text{OA}}|^2$, $|\Vec{\text{OB}}|^2$,$|\Vec{\text{AB}}|^2$ は \end{minipage}\hfill\parbox{13zw}{\input{99kbzs2fig1}} \medskip すべて整数であるとする.このとき, どの2つの格子点P,Qに対しても $|\Vec{\text{PQ}}|^2$ は整数と なることを示せ. \end{document}