京都大学 前期理系 2004年度 問6

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 京都大学
学科・方式 前期理系
年度 2004年度
問No 問6
学部 理 ・ 医 ・ 薬 ・ 工 ・ 農 ・ 総合人間(理)
カテゴリ 数と式
状態 解答なし 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[a4j]{jsarticle} \usepackage{mystyle} \begin{document} \input{size} \quad $N$を自然数とする.$N+1$個の箱があり,1から$N+1$までの番号が付いている. どの箱にも玉が1個入っている.番号1から$N$までの箱に入っている玉は白玉で, 番号$N+1$の箱に入っている玉は赤玉である.次の操作(*)を,おのおのの $k=1\ten 2\ten \cdots\ten N+1$に対して,$k$が小さい方から順番に1回ずつ 行う. (*) \parbox[t]{\linewidth-3zw}{% $k$以外の番号の$N$個の箱から1個の箱を選び,その箱の中身と番号$k$の 箱の中身を交換する.(ただし,$N$個の箱から1個の箱を選ぶ事象は,どれも同 様に確からしいとする.)} \medskip \quad 操作がすべて終了した後,赤玉が番号$N+1$の箱に入っている確率を求め よ. \end{document}