京都大学 前期文系 2007年度 問1

解答を見る

解答作成者: 米村 明芳

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 京都大学
学科・方式 前期文系
年度 2007年度
問No 問1
学部 総合人間(文) ・ 文 ・ 教育 ・ 法 ・ 経済
カテゴリ 数と式
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[a4j]{jsarticle} \usepackage{mystyle} \begin{document} \input{size} \quad 以下の各問にそれぞれ答えよ. \begin{toi} \item[問1.] (理系・甲と同じ) \item[問2.] 四角形ABCDを底面とする四角錐OABCDを考える.点Pは時刻0では 頂点Oにあり,1秒ごとに次の規則に従ってこの四角錐の5つの頂点のいずれかに移動す る. \textgt{規則}:\parbox[t]{\linewidth-4zw}{点Pのあった頂点と1つの辺によって結ばれる 頂点の1つに,等しい確率で移動する.}\medskip このとき,$n$秒後に点Pが頂点Oにある確率を求めよ. \end{toi} \end{document}