一橋大学 後期 1997年度 問4

解答を見る

解答作成者: 森 宏征

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 一橋大学
学科・方式 後期
年度 1997年度
問No 問4
学部 商 ・ 経済 ・ 法 ・ 社会
カテゴリ 確率
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

最新10件表示

No メッセージ 投稿者 日時    
1
(2)で [式:…] として見れば,
つい最近(現在2017.03.12)どこかで見たような問題になります.
森 宏征 さん 2017/03/12 15:00:27 報告
\documentclass[a4paper,12pt,fleqn,dvipdfmx]{jreport} \usepackage{amsmath} \usepackage{amssymb} \usepackage{ascmac} \usepackage{vector3} \setlength{\topmargin}{-25mm} \setlength{\oddsidemargin}{2.5mm} \setlength{\textwidth}{420pt} \setlength{\textheight}{700pt} \usepackage{color} \ExecuteOptions{usename} \def\Op{{\mathrm{O}}} \def\LLL{{\lll}} \def\RRR{{\rrr}} \def\LL{{\ll}} \def\RR{{\rr}} \usepackage{graphicx} \usepackage{pifont} \usepackage{fancybox} \usepackage{custom_mori} \begin{document} \setlength{\abovedisplayskip}{0.5zw} \setlength{\belowdisplayskip}{0.5zw} $N$ は3以上の整数とする. 1から $N$ までの整数のうちのひとつを無作為に取り出すことを1回の試行とする. この試行を独立に$m$回繰り返し, 取り出された数のうち最大のものを $H$, 最小のものを $L$ とする. \begin{enumerate} \renewcommand{\labelenumi}{(\arabic{enumi})} \item  $L = 2$ となる確率を求めよ. %\medskip \item  $H = L + 1$ となる確率を求めよ. %\medskip \item  $H = L + 2$ となる確率を求めよ. \end{enumerate} \end{document}