京都府立医科大学 前期 2001年度 問2

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 京都府立医科大学
学科・方式 前期
年度 2001年度
問No 問2
学部 医学部
カテゴリ 集合と論理 ・ 複素数と方程式
状態 解答なし 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass{jsarticle} \usepackage{amsmath} \usepackage{color} \usepackage{latexsym} \begin{document} \Large{京都府立医科大学 2001年 前期 第2問} \normalsize \ $0$でない複素数からなる集合Gは次を満たしているとする。 \      Gの任意の要素$z,w$の積$zw$は再びGの要素である。 \ このとき、 \  (1)ちょうど$n$個の複素数からなるGの例をあげよ。 \  (2)ちょうど$n$個の複素数からなるGは(1)の例以外にないことを示せ。 \end{document}