大阪市立大学 前期<理系> 1994年度 問3

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 大阪市立大学
学科・方式 前期<理系>
年度 1994年度
問No 問3
学部 理学部 ・ 工学部 ・ 医学部 ・ 生活科学部
カテゴリ 図形と方程式 ・ 微分法と積分法
状態 解答なし 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass{jsarticle} \begin{document} \Large{大阪市立大学 1994年 第3問} \normalsize \ $a$を正の定数とし、$xy$平面上に点P$\left( a,\displaystyle \frac {2}{a} \right)$をとる。 Pを通り、曲線$y=\displaystyle \frac {1}{x} \ (x>0)$と2点で交わる直線のうちで、交点間の距離が最小となる直線の傾きとそのときの交点間の距離を求めよ。 \ \end{document}