大阪市立大学 前期<理系> 1994年度 問2

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 大阪市立大学
学科・方式 前期<理系>
年度 1994年度
問No 問2
学部 理学部 ・ 工学部 ・ 医学部 ・ 生活科学部
カテゴリ 数列 ・ 行列と連立一次方程式
状態 解答なし 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass{jsarticle} \begin{document} \Large{大阪市立大学 1994年 第2問} \normalsize \ $a,b$を実数とし、自然数$n$に対して$a_n,b_n$を $$\left( \begin{array}{c} a_n \\ b_n \end{array} \right)=\left( \begin{array}{cc} \displaystyle \frac{7}{2} & -3 \\ \\ \displaystyle \frac{3}{2} & -1 \end{array} \right)^n \left( \begin{array}{c} a \\ b \end{array} \right)$$ で定める。次の問いに答えよ。 \ (1)$a_n-2b_n$を$a,b$を用いて表せ。 \ (2)数列 $\{ a_n \} 、\{ b_n \} $ がともに収束するような$a,b$の条件を求めよ。 \ \end{document}