大阪市立大学 前期<理系> 1992年度 問3

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 大阪市立大学
学科・方式 前期<理系>
年度 1992年度
問No 問3
学部 理学部 ・ 工学部 ・ 医学部 ・ 生活科学部
カテゴリ 数列
状態 解答なし 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass{jsarticle} \begin{document} \Large{大阪市立大学 1992年 第3問} \normalsize \ 数列$\{ a_n \}$において初項から第$n$項までの和を$S_n$とするとき、 $$ a_{1} = 1 \ , \ a_{n+1} = a_{n}+\displaystyle \frac{1}{2}S_n \ \ (n = 1,2,3,\cdots)$$ が成り立つものとする。 \ (1)$b_n=a_{n+1}-\displaystyle \frac{1}{2} a_{n}$とおくとき、$b_n$を$n$の式で表せ。 \ (2)$a_n$を$n$の式で表せ。 \ \end{document}