名古屋大学 前期文系 2006年度 問1

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 名古屋大学
学科・方式 前期文系
年度 2006年度
問No 問1
学部 文 ・ 教育 ・ 法 ・ 経済 ・ 情報文化(社会システム情報)
カテゴリ 方程式と不等式
状態 解答なし 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass{article} \usepackage{latexsym} \setlength{\topmargin}{-10mm} \setlength{\oddsidemargin}{2.5mm} \setlength{\textwidth}{440pt} \setlength{\textheight}{670pt} \renewcommand{\baselinestretch}{1.8}\selectfont \begin{document} $0\le k\le 1\,$をみたす実数$k$に対して,$xy$平面上に次の連立不等式で表される3つの領域$D,\,E,\,F\,$を考える。 $D\,$は連立不等式 $y\ge x^2\,\,,\,\,y\le kx\,\,$で表される領域 $E\,$は連立不等式 $y\le x^2\,\,,\,\,y\ge kx\,\,$で表される領域 $F\,$は連立不等式 $y\le -x^2+2x\,\,,\,\,y\ge kx\,\,$で表される領域 \begin{enumerate} \renewcommand{\labelenumi}{(\arabic{enumi})} \item 領域$D\cup (E\cap F)$の面積$m(k)$を求めよ。 \item (1)で求めた面積$m(k)$を最小にする$k$の値と,その最小値を求めよ。 \end{enumerate} \end{document}