一橋大学 前期 2005年度 問2

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 一橋大学
学科・方式 前期
年度 2005年度
問No 問2
学部 商 ・ 経済 ・ 法 ・ 社会
カテゴリ 図形と方程式
状態 解答なし 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass{jsarticlek} \usepackage{amsmath} \usepackage{ceo} \begin{document} {\large{\textbf{{\fboxsep=2pt \fbox{2}}}}}\hfill 原点を中心とする半径1の円をCとし、0<$a$<1、$b$>1とする。\\ A($a$,0)とN(0,1)を通る直線がCと交わる点のうちNと異なるものをPとおく。また、B($b$,0)とNを通る直線がCと交わる点のうちNと異なるものをQとおく。\\ (1)\quad Pの座標を$a$で表せ。\\ (2)\quad AQ $\parallel$ PBのとき、AN $\cdot$ BN=2となることを示せ。\\ (3)\quad AQ $\parallel$ PB、$\angle$ANB=45$^\circ$のとき、$a$の値を求めよ。 \end{document}