京都大学 後期文系 2002年度 問3

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 京都大学
学科・方式 後期文系
年度 2002年度
問No 問3
学部 総合人間(文) ・ 文 ・ 教育 ・ 法 ・ 経済
カテゴリ 図形と計量
状態 解答なし 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass{jsarticlek} \usepackage{amsmath} \usepackage{ceo} \begin{document} {\large{\textbf{{\fboxsep=2pt \fbox{3}}}}}\hfill (30点) 各面が鋭角三角形からなる四面体ABCDにおいて、辺ABとCDは垂直ではないとする。このとき辺ABを含む平面$\alpha$に点C、点Dから下ろした垂線の足をそれぞれC'、D'とするとき、4点A、B、C'、D'がすべて相異なり、しかも同一円周上にあるように$\alpha$がとれることを示せ。 \end{document}