京都大学 後期理系 2002年度 問1

解答を見る

解答作成者: 米村 明芳

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 京都大学
学科・方式 後期理系
年度 2002年度
問No 問1
学部 理 ・ 医 ・ 薬 ・ 工 ・ 農 ・ 総合人間(理)
カテゴリ 数と式
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[a5j]{jsarticle} \usepackage{mystyle} \begin{document} \input{size} 理\fbox{1},文\fbox{1} \quad 1から$n\ (n\geqq2)$までの番号が,順番に1つずつ書かれた$n$枚の札が袋に入っ ている.この袋の中から札を1枚ずつ取り出し,つぎの \kakko{\makebox[.6zw]{i}},\kakko{ii}の ルールに従ってAまたはBの箱に入れる. \begin{toi} \item[\kakko{\makebox[.6zw]{i}}] 最初に取り出した札はAの箱に入れる. \item[\kakko{ii}] 2番目以降に取り出した札は,その番号がそれまでに取り出された札の番 号のどれよりも大きければAの箱に入れ,そうでないときはBの箱に入れる. \end{toi} \quad $n$枚の札をすべてを取り出し,箱に入れ終わったとき,Bの箱にちょうど1枚の 札が入っている確率を求めよ. \end{document}