熊本大学 理・薬・工・医(前期) 2009年度 問1

解答を見る

解答作成者: あんじいさん

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 熊本大学
学科・方式 理・薬・工・医(前期)
年度 2009年度
問No 問1
学部 理学部 ・ 医学部 ・ 薬学部 ・ 工学部
カテゴリ 微分法と積分法
状態 解答 解説 ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[b5paper,10pt,fleqn]{jsarticle} \setlength{\oddsidemargin}{-5mm} \setlength{\topmargin}{-20mm} \setlength{\textwidth}{180mm} \pagestyle{empty} \usepackage{amsmath} \usepackage{emathP} \begin{document} \fbox{1}  $実数pに対して,関数f(x)を$\\ $f(x)=\displaystyle\int_{p-x}^{p}(t^6+2t^3-3)dt$\\ $で定める。このとき,次の問に答えよ。$\\ $(問1)f'(x)は,x=p+1のとき最小値をとることを示せ。$\\ $(問2)f(p+1)のp>0における最小値を求めよ。$\\ \end{document}