慶應義塾大学 医学部 2011年度 問1

解答を見る

解答作成者: 大塚 美紀生

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 慶應義塾大学
学科・方式 医学部
年度 2011年度
問No 問1
学部 医学部
カテゴリ 式と証明 ・ 行列と連立一次方程式 ・ いろいろな曲線
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[b5paper,11pt]{jarticle} \textwidth=143mm \textheight=200mm \topmargin=-15mm \pagestyle{empty} \def\kobox#1{\raisebox{.5pt}{\framebox[14mm][c]{\small #1}}} \def\paalen#1{\makebox[5pt][r]{\raisebox{.7pt}{(}}#1\makebox[5pt][c] {\raisebox{.7pt}{)}}} \begin{document} \noindent\parbox{143mm}{\hspace*{-1.8zw}% \raisebox{1pt}{[}\makebox[1.3zw][c]{I}\raisebox{1pt}{]} $ \\[2mm] \quad\textgt{以\hspace*{-.3pt}下\hspace*{-.3pt}の\hspace*{-.3pt}文\hspace* {-.3pt}章\hspace*{-.3pt}の\hspace*{-.3pt}空\hspace*{-.3pt}欄\hspace*{-.2pt}に \hspace*{-.3pt}適\hspace*{-.3pt}切\hspace*{-.3pt}な\hspace*{-.3pt}数\hspace* {-.3pt}ま\hspace*{-.3pt}た\hspace*{-.3pt}は\hspace*{-.2pt}式\hspace*{-.3pt}を \hspace*{-.3pt}入\hspace*{-.3pt}れ\hspace*{-.3pt}て\hspace*{-.3pt}文\hspace* {-.3pt}章\hspace*{-.3pt}を\hspace*{-.3pt}完\hspace*{-.3pt}成\hspace*{-.3pt}さ \hspace*{-.3pt}せ\hspace*{-.3pt}な\hspace*{-.3pt}さ\hspace*{-.3pt}い。}\\[5mm]% \,(\makebox[1zw][c]{1})\quad nは3以上の奇数として,多項式P(x) =x^n-ax^2-bx+2を考える。\ \ P(x)が\\[1.5mm]\qquad x^2-4で割り切れるときは a=\kobox{\paalen{あ}}\,,\ \,b=\kobox{\paalen{い}}\ であり,\ \ (x+1)^2\,で 割り切\\[1.5mm]\qquad れるときはa=\kobox{\paalen{う}}\,,\ \, b=\kobox{\paalen{え}}\ である。\\[5mm] \,(\makebox[1zw][c]{2})\quad 3つの行列 \\[2mm]\hspace*{7zw} A=\left(\begin{array}{@{\ }c@{\ \ \,}c@{\ }} 1 & 1 \\[2mm] 5 & x \end{array} \right)\!,\ \,B=\left(\begin{array}{@{\ }c@{\ \ \,}c@{\ }} u & 0 \\[2mm] 0 & v \end{array}\right)\!,\ \,C=\left(\begin{array}{@{\ }c@{\ \ }c@{\ }} \cos\theta & -\sin\theta \\[2mm] \sin\theta & \cos\theta \end{array}\right) \\[4mm]\qquad の間にA=BCの関係があるとき,\ \,x=\kobox{\paalen{お}}\,,\ \, u=\kobox{\paalen{か}}\,,\ \,v=\kobox{\paalen{き}}\,, \\[1mm] \qquad \theta=\kobox{\paalen{く}}\ である。ただし0\,\mbox{\Large$<$}\,\theta\, \mbox{\Large$<$}\,\pi\,とする。\\[4mm] \,(\makebox[1zw][c]{3})\quad 方程式2x^2-y^2+8x+2y+11=0が表す曲線は,頂点が\, \Bigl(\,\kobox{\paalen{け}}\,,\ \,\kobox{\paalen{こ}}\,\Bigr)\,と\\[1.5mm] \qquad \Bigl(\,\kobox{\paalen{さ}}\,,\ \,\kobox{\paalen{し}}\,\Bigr)\hspace* {.5pt},\ \,焦点が\,\Bigl(\,\kobox{\paalen{す}}\,,\ \,\kobox{\paalen{せ}}\, \Bigr)\,と\,\Bigl(\,\kobox{\paalen{そ}}\,,\ \,\kobox{\paalen{た}}\,\Bigr) \\ [1.5mm]\qquad の双曲線で,その漸近線の方程式はy=\kobox{\paalen{ち}}\,および y=\kobox{\paalen{つ}}\,である。$} \end{document}