京都府立医科大学 前期 2012年度 問1

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 京都府立医科大学
学科・方式 前期
年度 2012年度
問No 問1
学部 医学部
カテゴリ 図形と計量 ・ 微分法の応用 ・ 積分法の応用
状態 解答なし 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

$x$を実数とし,3辺の長さが 1,$x$および$2-x$の三角形を考える. \begin{enumerate} \item[(1)] $x$の取り得る値の範囲を求めよ. \item[(2)] 長さ1の辺と長さ$x$の辺のなす角の大きさを$\theta$とするとき,$\cos\theta$を$x$を用いて表せ. \item[(3)] 三角形の面積を$x$を用いて表せ. \item[(4)] 三角形を長さ$x$の辺のまわりに1回転させてできる立体の体積を$V(x)$とおく.$V(x)$の最大値とそのときの$x$の値を求めよ. \end{enumerate}