一橋大学 後期 2006年度 問2

解答を見る

解答作成者: 松本真之介

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 一橋大学
学科・方式 後期
年度 2006年度
問No 問2
学部 商 ・ 経済 ・ 法 ・ 社会
カテゴリ 式と証明 ・ 微分法と積分法
状態 解答 解説 ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

2. $(1)kを定数とする。x≧0ならば常に4x^3+1≧kxとなるようなkの値の範囲を求めよ。$ $(2)x≧0,y≧0のとき、{ \frac{4(x ^{3} +y ^{3}) +5\ }{x+y+1} }の最小値とそのときのx,yの値を求めよ。$