一橋大学 後期 2008年度 問4

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 一橋大学
学科・方式 後期
年度 2008年度
問No 問4
学部 商 ・ 経済 ・ 法 ・ 社会
カテゴリ 図形と方程式 ・ 微分法と積分法
状態 解答なし 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

$4 ~~~aを正の実数とし、2つの放物線y=ax^2,y=-2x^2をそれぞれC_1,C_2とする。$ $負の実数tに対して、点P(0、t)を通る傾きが正の直線lが、C_1と点Qで接している。$ $lとC_2の2つの共有点のうちx座標が正のものをRとする。$ $(1) QおよびRの座標を求めよ。$ $(2) 線分ORが∠POQを2等分するときのtの値を求めよ。ただし、Oは原点を表す。$