防衛大学校 理工(2日目) 2009年度 問3

解答を見る

解答作成者: あんじいさん

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 防衛大学校
学科・方式 理工(2日目)
年度 2009年度
問No 問3
学部
カテゴリ 確率
状態 解答 解説 ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\fbox{3} 1から9までの数字が1つずつ書かれた9枚のカードがある。最初にこの中から1枚ずつ3枚のカードを取り出し, 順に百の位,十の位,一の位の数として3桁の整数をつくる。次に残りの6枚の中から1枚ずつ3枚のカードを取り出し,順に百の位,十の位,一の位の数として3桁の整数をつくる。最後に遺りの3枚の中からやはり1枚ずつ3枚のカードを取り出し,順に百の位,十の位,一の位の数として3桁の整数をつくる。このようにしてつくった整数をそれぞれ$a,b,c$とする。このとき,次の問に答えよ。ただし,(2)(3)(4)の解答にはそれ以上約分できない形の分数を用いること。\ \\ (1) $a,b,cの百の位の数字の和をx,十の位の数字の和をyとしたとき,a+b+cをxとyを用\\   いてできるだけ簡単な式で表せ。また,x=8のとき,a+b+cの最小値を求めよ。$ (2) $a+b+cの一の位が0になる確率を求めよ。$ (3) $a+b+cが偶数になる確率を求めよ。$ (4) $a+b+cが860未満になる確率を求めよ。$