名古屋大学 前期理系 2008年度 問2

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 名古屋大学
学科・方式 前期理系
年度 2008年度
問No 問2
学部 理 ・ 医 ・ 工 ・ 農 ・ 情報文化(自然情報)
カテゴリ
状態 解答なし 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

% Converted from Microsoft Word to LaTeX % by Chikrii Softlab Word2TeX converter (version 4.0) % Copyright (C) 1999-2007 Chikrii Softlab. All rights reserved. % http://www.chikrii.com % mailto: info@chikrii.com % License: CSL#004038 \documentclass{article} \usepackage{latexsym} \setlength{\topmargin}{-10mm} \setlength{\oddsidemargin}{2.5mm} \setlength{\textwidth}{440pt} \setlength{\textheight}{670pt} \renewcommand{\baselinestretch}{1.8}\selectfont \begin{document} \parindent=0zw三角形ABCで辺ACを$s:1-s$ に内分する点をP,辺BCを$t:1-t \,$に内分する点をQ,線分AQと線分BPの交点をRとする。このとき \parindent=3zw △APRの面積=2$\times $(△BQRの面積) \parindent=0zwが成り立っている。 \begin{enumerate} \renewcommand{\labelenumi}{(\arabic{enumi})} \item $s$を$t$を用いて表せ。 \item 極限$\mathop {\lim }\limits_{t\to +0} \frac{s}{t}$を求めよ。ただし,$t$ が正の範囲で0に限りなく0に近づくとき, $t\to +0$ と表す。 \end{enumerate} \end{document}