東京大学 理系 2007年度 問1

解答を見る

解答作成者: 安田 亨

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 東京大学
学科・方式 理系
年度 2007年度
問No 問1
学部 理科一類 ・ 理科二類 ・ 理科三類
カテゴリ 数と式
状態 解答 解説 ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[a4j]{yasuda-book1} \usepackage[dvips]{graphicx,color} \usepackage[deluxe]{otf} \usepackage{amsmath,ceo} \usepackage{custom_yasuda} \begin{document} \lineskip=4pt \lineskiplimit=4pt $n$と$k$を正の整数とし,$P(x)$を次数が$n$以上の整式とする.整式\\ $(1+x)^k P(x)$の$n$次以下の係数がすべて整数ならば, $P(x)$の$n$次以下の項の係数はすべて整数であることを示せ.ただし,定数項については,項それ自身を係数とみなす. \end{document}