滋賀医科大学 前期 2009年度 問4

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 滋賀医科大学
学科・方式 前期
年度 2009年度
問No 問4
学部 医学科 ・ 看護学科
カテゴリ 図形と方程式
状態 解答なし 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

半径をそれぞれ$r$,$r_1$,$r_2$とし中心をそれぞれO,O$_1$,O$_2$とする異なる定円O,O$_1$,O$_2$があって,円O$_1$とO$_2$は接しており,円OとO$_1$,円OとO$_2$はそれぞれ直交している.ただし2つの円が直交するとは,共有点をもち,そこでの接線が直交することである.共有点をもつ2直線が直交するとは,垂直なことである. \begin{enumerate} \item[(1)] 線分OO$_1$の長さを$r$,$r_1$,$r_2$のいくつかを使って表せ. \item[(2)] 直線O$_1$O$_2$に点Oから下ろした垂線の足をHとするとき,線分O$_1$Hの長さを$r$,$r_1$,$r_2$のいくつかを使って表せ. \item[(3)] 円O$_1$と円O$_2$の接点は円O上にあることを証明せよ. \end{enumerate}