滋賀医科大学 前期 2009年度 問1

解答を見る

解答作成者: 高井 隼人

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 滋賀医科大学
学科・方式 前期
年度 2009年度
問No 問1
学部 医学科 ・ 看護学科
カテゴリ 行列と連立一次方程式
状態 解答 解説 ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

$l$,$m$を座標平面上の2直線とする.2次正方行列の定める1次変換(点の移動)が$l$上の各点を$m$上に移し,$m$上の各点を$l$上に移すとき,「$l$,$m$についての特別な1次変換」と呼ぶ. \begin{enumerate} \item[(1)] 直線$l$:$x+y=1$,$m$:$x+2y=1$とするとき,$l$,$m$について特別な1次変換を表す行列をすべて求めよ.\ \item[(2)] 直線$l$:$x+y=1$とする.$l$に平行な直線$m$($l$≠$m$)であって,$l$,$m$について特別な1次変換が存在するような$m$をすべて求めよ. \end{enumerate}