学習院大学 理学部 2009年度 問2

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 学習院大学
学科・方式 理学部
年度 2009年度
問No 問2
学部 理学部
カテゴリ ベクトル
状態 解答なし 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[fleqn]{jsarticle} \usepackage{amsmath,amssymb} \begin{document} \begin{flushleft} 三角形 OAB において $\overrightarrow{\mathstrut a}=\overrightarrow{\mathrm{OA}}$,$\overrightarrow{\mathstrut b}=\overrightarrow{\mathrm{OB}}$ とする.$0<p<1$,$0<q<1$ を満たす $p$,$q$ に対して,辺 OA 上に点 C,辺 OB 上に点 D を\\ \begin{center} $\overrightarrow{\mathrm{OC}}=p\overrightarrow{\mathstrut a}$,\hspace*{1zw}$\overrightarrow{\mathrm{OD}}=q\overrightarrow{\mathstrut b}$ \end{center} となるように定める.AD と BC の交点を M とし,OM の延長と AB の交点を N とする.\\ \vspace*{0.5zw} (1) $\overrightarrow{\mathrm{OM}}=x\overrightarrow{\mathstrut a}+y\overrightarrow{\mathstrut b}$ を満たす $x$,$y$ を $p$,$q$ を用いて表せ.\\ \vspace*{0.5zw} (2) $\overrightarrow{\mathrm{ON}}=z\overrightarrow{\mathstrut a}+w\overrightarrow{\mathstrut b}$ を満たす $x$,$y$ を $p$,$q$ を用いて表せ. \end{flushleft} \begin{flushright} (40点) \end{flushright}  \end{document}