早稲田大学 商学部 2003年度 問3

解答を見る

解答作成者: 大塚 美紀生

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 早稲田大学
学科・方式 商学部
年度 2003年度
問No 問3
学部 商学部
カテゴリ 指数関数と対数関数 ・ 数列
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[b5paper,11pt]{jarticle} \textwidth=136mm \topmargin=-15mm \pagestyle{empty} \begin{document} \fboxrule=.6pt\fboxsep=1.5mm\noindent\hspace*{-3pt}\framebox[7mm][c] {\textbf{3}\hspace*{.7pt}}\quad\ 正の整数$Nに対し,\ \,Nの約数の中で最大の 奇数を\hspace*{.5pt}\alpha(N)\hspace*{-.5pt}とする.また,\displaystyle \\[2mm] \hspace*{15zw} \beta\,(N)=\frac{N}{\ \alpha\,(N)\,} \\[2mm] \hspace*{3zw}とする.例えば,\ \,\alpha\,(7)=7,\ \,\beta\,(7)=1,\ \, \alpha\,(34)=17,\ \,\beta\,(34)=2である.\\[5mm] \quad\,(1)\ \ \ 2003以下の正の整数Nで\\[2mm] \hspace*{16zw} \beta(N)=4 \\[2mm] \qquad\ となるものの個数を求めよ.\\[5mm] \quad\,(2)\ \ \ 次の和 \\[4mm] \qquad\ \,S=\sum_{k=1}^{2^n} \log_2 \beta(k)=\log_2 \beta(1)+\log_2 \beta(2) +\log_2 \beta(3)+\cdots+\log_2 \beta(2^n) \\[4mm]\qquad\ \,を求めよ.$ \end{document}