慶應義塾大学 薬学部 2008年度 問5

解答を見る

解答作成者: 大塚 美紀生

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 慶應義塾大学
学科・方式 薬学部
年度 2008年度
問No 問5
学部 薬学部(2008年以降)
カテゴリ 三角関数
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[b5paper,11pt]{jarticle} \textwidth=148mm \topmargin=-15mm \usepackage{amsmath,amssymb} \pagestyle{empty} \def\paalen#1{\makebox[5pt][r]{\raisebox{.7pt}{(}}#1\makebox[5pt][c] {\raisebox{.7pt}{)}}} \begin{document} \noindent\hspace*{-3.5zw}% \raisebox{-1pt}{\Large〔\makebox[1.1zw][c]{\textbf{V}}〕}% {\fboxrule=.8pt\fboxsep=.7mm\ \,以下の問の\ \fbox{ア}\,~\,\fbox{シ}\ に当ては まる適切な数値またはマイナス符号\paalen{\raisebox{.5pt}{$-$}}をマークしなさい. $ \\[1mm]\hspace*{-.7zw} \paalen{14点} \\[8mm]% 0\makebox[16pt][c]{$\leqq$}\theta\makebox[16pt][c]{$\leqq$}\pi\ \ の範囲で定義 された3つの\,\theta\,の関数 \\[2mm] \qquad f(\makebox[7pt][c]{$\theta$})=\cos 3\hspace*{1pt}\theta -2\cos 2\hspace*{1pt}\theta+\cos\theta \\[2mm] \qquad g(\makebox[7pt][c]{$\theta$})=2\cos\theta+a \quad \paalen{\hspace*{1pt}aは定数} \\[2mm] \qquad h(\makebox[7pt][c]{$\theta$})=b\cos 2\hspace*{1pt}\theta+\cos\theta +2+b \quad \paalen{\hspace*{1pt}bは定数} \\[2mm] \hspace*{-1zw}について \displaystyle \\[8mm] \hspace*{-1zw}(1)\ \ \,f(\makebox[7pt][c]{$\theta$})=g(\makebox[7pt][c]{$\theta $})\ \ を満たす\,\theta\,の個数が2個であるためのaの値の範囲は \\[2mm] \quad \framebox[14mm][c]{アイ}\leqq a<\frac{\ \framebox[14mm][c]{ウエ}\ } {\framebox[14mm][c]{オカ}}\ \ である.\\[12mm] \hspace*{-1zw}(2)\ \ \,f(\makebox[7pt][c]{$\theta$})=h(\makebox[7pt][c]{$\theta $})\ \ を満たす\,\theta\,の個数が3個であるためのbの値の範囲は \\[2mm] \quad \frac{\ \framebox[14mm][c]{キク}\ }{\fbox{ケ}}\leqq b\leqq \frac{\ \framebox[14mm][c]{コサ}\ }{\fbox{シ}}\ \ である.$} \end{document}