首都大学東京 理系<前> 2008年度 問1

解答を見る

解答作成者: 門 直之

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 首都大学東京
学科・方式 理系<前>
年度 2008年度
問No 問1
学部 都市教養学部<理> ・ 都市環境学部 ・ システムデザイン学部 ・ 健康福祉学部
カテゴリ 確率
状態 解答 解説 ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[fleqn]{jsarticle} \usepackage{amsmath,amssymb} \usepackage{pifont} \makeatletter \newcommand{\LEQQ}{\mathrel{\mathpalette\gl@align<}} \newcommand{\GEQQ}{\mathrel{\mathpalette\gl@align>}} \newcommand{\gl@align}[2]{\lower.6ex\vbox{\baselineskip\z@skip\lineskip\z@ \ialign{$\m@th#1\hfil##\hfil$\crcr#2\crcr=\crcr}}} \makeatother \begin{document} \begin{flushleft} $n$ を自然数とするとき,1 から $2n$ までの相異なる自然数が 1 つずつ書かれた $2n$ 個の玉が袋の中に入っている.袋から 1 個の玉を取り出したときに書かれている数を $a$ とする.この玉を袋に戻さずに,再び袋から 1 個の玉を取り出したときに書かれている数を $b$ とするとき,以下の問いに答えなさい.\\ \vspace*{0.5zw} (1) $2a=b$ または $a=2b$ となる確率を求めなさい.\\ (2) $a \GEQQ b$ となる確率を求めなさい.\\ (3) $2a \GEQQ b$ となる確率を求めなさい. \end{flushleft} \end{document}