杏林大学 医学部 2009年度 問2

解答を見る

解答作成者: 門 直之

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 杏林大学
学科・方式 医学部
年度 2009年度
問No 問2
学部 医学部
カテゴリ 確率 ・ 複素数と方程式
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[fleqn]{jsarticle} \usepackage{amsmath,amssymb} \usepackage{pifont} \newcommand{\f}[1]{\framebox{\textgt{\small #1}}} \begin{document} \begin{flushleft} (1) 袋の中に異なる 5 色の玉が 1 つずつ入っている.この袋から玉を 1 つ取り出し,色を調べて袋に戻すと\hspace*{1zw}いう操作を 5 回繰り返す.\\ \hspace*{2zw}取り出した玉の色が 1 種類である確率は $\displaystyle \frac{\f{\hspace*{1zw}ア\hspace*{1zw}}}{\f{イウエ}}$ である.\\ \vspace*{0.5zw} \hspace*{2zw}取り出した玉の色が 2 種類である確率は $\displaystyle \frac{\f{\hspace*{0.5zw}オカ\hspace*{0.5zw}}}{\f{キクケ}}$ である.\\ \vspace*{0.5zw} \hspace*{2zw}取り出した玉の色が 3 種類以下である確率は $\displaystyle \frac{\f{コサシ}}{\f{スセソ}}$ である.\\ \vspace*{1zw} (2) 整式 $P(x)$ を $(x-1)(x+2)$ で割ると $14x+7$ 余り,$(x+1)(x-3)$ で割ると $32x+33$ 余る.$P(x)$ を\\ \vspace*{0.5zw} \hspace*{1zw}$(x+1)(x+2)$ で割ると余りは $\f{\hspace*{0.5zw}タチ\hspace*{0.5zw}}\hspace*{0.2zw}x+\f{\hspace*{0.5zw}ツテ\hspace*{0.5zw}}$ となる.$P(x)$ が 3 次式だとすると,\\ \vspace*{0.5zw} \hspace*{1zw}$P(x)=\f{\hspace*{1zw}ト\hspace*{1zw}}\hspace*{0.2zw}x^3+\f{\hspace*{1zw}ナ\hspace*{1zw}}\hspace*{0.2zw}x^2+\f{\hspace*{1zw}ニ\hspace*{1zw}}\hspace*{0.2zw}x+\f{\hspace*{1zw}ヌ\hspace*{1zw}}$ である. \end{flushleft} \end{document}