学習院大学 経済学部 2009年度 問4

解答を見る

解答作成者: 門 直之

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 学習院大学
学科・方式 経済学部
年度 2009年度
問No 問4
学部 経済学部
カテゴリ 微分法と積分法
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass{jsarticle} \usepackage{amsmath,amssymb} \begin{document} \begin{flushleft} 関数 $y=x^3-x$ のグラフを $C$ とする.\\ (1) 曲線 $C$ の接線で,傾きが 2 のものをすべて求めよ.\\ (2) 直線 $y=2x+k$ と $C$ の共有点の個数は $k$ の値によってどのように変わるか. \end{flushleft} \begin{flushright} (40点) \end{flushright}  \end{document}