関西大学 全学部 2010年度 問2

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 関西大学
学科・方式 全学部
年度 2010年度
問No 問2
学部 法学部 ・ 文学部 ・ 経済学部 ・ 商学部 ・ 社会学部 ・ 総合情報学部 ・ 政策創造学部 ・ システム理工学部 ・ 環境都市工学部 ・ 生命科学工学部 ・ 外国語学部 ・ 人間健康学部 ・ 社会安全学部
カテゴリ 方程式と不等式 ・ 指数関数と対数関数
状態 解答なし 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[a4j,11pt]{jsarticlek} \usepackage{emath,emathMw,emathP,emathPp} \makeatletter \let\emdfrac\dfrac \let\emmod\mod \let\emdegreee\degree \let\emnagamaru\nagamaru \let\emMaru\Maru \let\dfrac\@undefined \let\mod\@undefined \let\degree\@undefined \let\nagamaru\@undefined \let\Maru\@undefined \makeatother \usepackage{ceo} % ここから \let\dfrac\emdfrac \let\mod\emmod \let\degreee\emdegree \let\nagamaru\emnagamaru \let\Maru\emMaru \setlength{\topmargin}{-5.4truemm} \setlength{\headheight}{0truemm}% ヘッダーの高さを確保 \setlength{\headsep}{0zh}% ヘッダーと本文領域の幅を確保 \setlength{\textheight}{257truemm}% その分,本文領域を低くする \setlength{\footskip}{10truemm} \setlength{\oddsidemargin}{-5.4truemm} \setlength{\evensidemargin}{-5.4truemm} \setlength{\marginparwidth}{0truemm} \setlength{\marginparsep}{0truemm} \setlength{\textwidth}{170truemm} \renewcommand{\baselinestretch}{1.1} \fboxrule=0.3mm \def\syutten#1#2{\hfill{}(#1 \,\, #2)} \def\syuttenn#1{\hfill{} (#1)} \def\h25{\hspace{.25zw}} \def\mannaka#1{ \hfill{} #1 \hfill{} } \def\mannaka2#1#2{ \hfill{} #1\hspace{5pt}#2\hfill{} } \def\betumath#1{\hspace{3zw} #1} \def\douti{ \,\, \doti \,\,} \def\fb3{\fbox{   }} \def\labelenumi{\large{〔\,\Roman{enumi}\,〕}} % 大問:□囲み数字 \def\labelenumii{(\arabic{enumii})} % 小問1:()囲み数字 \def\labelenumiii{(\arabic{enumiii})} % 小問2:()囲み大英字 \def\fboxi#1{\hspace{3pt}\fbox{ #1 }\hspace{3pt}} \def\tenten{\cdotfill[1.5em]} \def\tententen{\cdotfill[3em]} \begin{document} \begin{enumerate} \setcounter{enumi}{1} \item 次の\fboxi{ }をうめよ。\\ \\ $x$の方程式\\ \hspace{10zw}$\log_2{x}+a\log_x{4}-2a=0$\hspace{50pt}\tententen$(1)$\\ が$1 < x \leq 8$において,解をもつような定数$a$の範囲を求める問題を考える。これは,$\log_2{x}=t$とおいて$(1)$を変形すると,$t$の$2$次方程式\\ \hspace{10zw}$t^2+pt+q=0$\hspace{99pt}\tententen$(2)$\\ が\\ \hspace{10zw}\fboxi{$\maruichi$}$ < t \leq $\fboxi{$\maruni$}\hspace{46pt}\tententen$(3)$\\ において解をもつような定数$a$の範囲を求める問題に帰着される。ここで$p$,$q$は$t$を含まない定数であって,$p=$\fboxi{$\marusan$},$q=$\fboxi{$\marushi$}である。\\ \hspace{11pt}$(2)$が異なる$2$つの解をもつとき,そのうちの$1$つだけが$(3)$の範囲に存在するときの$a$の範囲を求めると,\fboxi{$\marugo$}である。\\ \hspace{11pt}$(2)$の解がすべて,$(3)$の範囲に存在するときの$a$の範囲を求めると,\fboxi{$\maruroku$}である。\\ \hspace{11pt}よって$(1)$が解をもつような$a$の範囲は\fboxi{$\marushichi$}である。 \end{enumerate} \end{document}