早稲田大学 理工 2010年度 問3

解答を見る

解答作成者: 大塚 美紀生

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 早稲田大学
学科・方式 理工
年度 2010年度
問No 問3
学部 基幹理工学部 ・ 創造理工学部 ・ 先進理工学部
カテゴリ 微分法の応用
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[b5paper,11pt]{jarticle} \textwidth=132mm \topmargin=-15mm \pagestyle{empty} \def\maru#1{\raisebox{.7pt}{\textcircled{\raisebox{-.7pt}{\small#1}}}} \begin{document} \noindent\hspace*{-1zw}{[\makebox[4.5mm][l] {\textbf{I\hspace*{-1pt}I\hspace*{-1pt}I}}]}$\hspace*{1.5zw} a,\,bを実数とし,\ \ xy平面上の次の2つの関数のグラフについて考える。\\[3mm]\hspace*{11.5zw} \parbox{14.5zw}{$y=e^{|x|} \hfill\cdots\cdots\ \maru{1}$}\\[.5mm] \hspace*{11.5zw}\parbox{14.5zw}{$y=ax+b \hfill\cdots\cdots\ \maru{2}$}\\ [2mm]\quad\,以下の問に答えよ。\\[4mm] \quad\ (1)\ \ \maru{1},\ \maru{2}がただ1つの共有点をもつとき,\ \ bをaで表し, そのグラフをab平\\[.5mm]\hspace*{3.5zw}面上に図示せよ。\\[2mm] \quad\ \raisebox{.5pt}{(2)\ \ (1)}\,のグラフをb=f(a)と表す。定数pに対して \\ [4mm]\hspace*{17.5zw} p\,a+f(a) \\[4mm] \hspace*{3.5zw}を最大にするaおよびその最大値を求めよ。$ \end{document}