千葉大学 前期(理) 2009年度 問7

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 千葉大学
学科・方式 前期(理)
年度 2009年度
問No 問7
学部 理学部 ・ 医学部 ・ 薬学部 ・ 看護学部 ・ 工学部 ・ 園芸学部
カテゴリ 確率
状態 解答なし 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[a4paper, 12pt]{jarticle} \begin{document} \begin{tabular}{|l|} \hline 7 \\ \hline \end{tabular} \\ 1から9までの番号をつけた9枚のカードがある。このなかから無作為に4枚のカードを同時に取り出し,カードに書かれた4つの番号の積を$X$とおく。 (1) $X$が5の倍数になる確率を求めよ。 (2) $X$が12の倍数になる確率を求めよ。 (3) $X$が平方数になる確率を求めよ。ただし,$X$が平方数であるとは,ある自然数$n$を用いて$X=n^2$と表される。 \end{document}