静岡大学 前期 2010年度 問4

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 静岡大学
学科・方式 前期
年度 2010年度
問No 問4
学部 人文学部 ・ 教育学部 ・ 情報学部 ・ 理学部 ・ 工学部 ・ 農学部
カテゴリ 図形と方程式 ・ 積分法
状態 解答なし 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[10pt]{jarticle} \usepackage{tabularx,emath,emathP} \topmargin = -25mm \oddsidemargin = -10mm \marginparsep = -20mm \begin{document} \pagestyle{empty} 連立不等式 $$x^2+y^2 \leqq 1,\,\, x\geqq0,\,\,y\geqq0$$ の表す領域を$D$,原点を通る傾き$\tan\theta \, \biggl(-\bunsuu{\pi}{2}<\theta<\bunsuu{\pi}{2}\biggr)$の直線を$\ell$とする.$D$を$\ell$のまわりに1回転させてできる回転体の体積を$V$とするとき,次の問いに答えよ. \begin{enumerate}[(1)] \item $-\bunsuu{\pi}{2}<\theta<0$のとき,$V$を$\theta$を用いて表せ. \item $-\bunsuu{\pi}{2}<\theta<\bunsuu{\pi}{2}$のとき,$V$の最大値,最小値を求めよ. \end{enumerate} \begin{flushright} (配点25\%) \end{flushright} \end{document}