静岡大学 前期 2010年度 問2

解答を見る

解答作成者: 鶴見 健了

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 静岡大学
学科・方式 前期
年度 2010年度
問No 問2
学部 人文学部 ・ 教育学部 ・ 情報学部 ・ 理学部 ・ 工学部 ・ 農学部
カテゴリ 三角関数
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[10pt]{jarticle} \usepackage{tabularx,emath,emathP} \topmargin = -25mm \oddsidemargin = -10mm \marginparsep = -20mm \begin{document} \pagestyle{empty} $xy$平面上で,点A$(-1,\, 0)$を中心とする円$C_1$と点B$(1,\, 0)$を中心とする円$C_2$が原点Oで外接している.点Pは円$C_1$上を,点Qは円$C_2$上を,それぞれ正の向きに回転する.今,P,Qが同時に原点を出発して,QはPの2倍の速さで回転する.このとき,次の問いに答えよ. \begin{enumerate}[(1)] \item $\kaku{OAP}=\theta$とするとき,点P,Qの座標をそれぞれ$\theta$を用いて表せ. \item 線分PQの長さの最大値を求めよ. \end{enumerate} \begin{flushright} (配点25\%) \end{flushright} \end{document}