同志社大学 全学部<文> 2010年度 問2

解答を見る

解答作成者: 中瀬古 佳史

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 同志社大学
学科・方式 全学部<文>
年度 2010年度
問No 問2
学部 文学部 ・ 経済学部 ・ 法学部 ・ スポーツ健康科学部 ・ 神学部 ・ 商学部 ・ 心理学部 ・ 社会学部 ・ 政策学部 ・ 文化情報学部<文>
カテゴリ 順列と組み合わせ
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[a4j,11pt]{jsarticlek} \usepackage{emath,emathMw,emathP,emathPp} \makeatletter \let\emdfrac\dfrac \let\emmod\mod \let\emdegreee\degree \let\emnagamaru\nagamaru \let\emMaru\Maru \let\dfrac\@undefined \let\mod\@undefined \let\degree\@undefined \let\nagamaru\@undefined \let\Maru\@undefined \makeatother \usepackage{ceo} % ここから \let\dfrac\emdfrac \let\mod\emmod \let\degreee\emdegree \let\nagamaru\emnagamaru \let\Maru\emMaru \setlength{\topmargin}{-5.4truemm} \setlength{\headheight}{0truemm}% ヘッダーの高さを確保 \setlength{\headsep}{0zh}% ヘッダーと本文領域の幅を確保 \setlength{\textheight}{257truemm}% その分,本文領域を低くする \setlength{\footskip}{10truemm} \setlength{\oddsidemargin}{-5.4truemm} \setlength{\evensidemargin}{-5.4truemm} \setlength{\marginparwidth}{0truemm} \setlength{\marginparsep}{0truemm} \setlength{\textwidth}{170truemm} \renewcommand{\baselinestretch}{1.1} \enumSep{\topsep=1pt\parskip=0pt\parsep=0pt\itemsep=1pt} \def\syutten#1#2{\hfill{}(#1 \,\, #2)} \def\syuttenn#1{\hfill{} (#1)} \def\h25{\hspace{.25zw}} \def\mannaka#1{\hfill{} #1 \hfill{}} \def\betumath#1{\hspace{3zw} #1} \def\douti{ \,\, \doti \,\,} \def\fb3{\fbox{   }} \begin{document} \setcounter{mondaibango}{1} \begin{mondai}\h25 a,g,k,k,o,u,uの7文字を並べ替えて文字列を作る.これらの文字列すべてを辞書のようにアルファベット順に書き出して,書き出された順に文字列に番号を付ける.以下の問いに答えよ. \begin{shomon} 上記の文字列全体のうちaで始まる文字列が何通りあるか求めよ. \end{shomon} \begin{shomon} 上記の文字列全体のうちgaで始まる文字列が何通りあるか求めよ. \end{shomon} \begin{shomon} 上記の文字列全体のうちgkで始まる文字列が何通りあるか求めよ. \end{shomon} \begin{shomon} 上記の文字列全体の中の文字列goukakuの番号を求めよ. \end{shomon} \end{mondai} \end{document}