早稲田大学 商学部 2005年度 問1

解答を見る

解答作成者: 大塚 美紀生

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 早稲田大学
学科・方式 商学部
年度 2005年度
問No 問1
学部 商学部
カテゴリ 図形と計量 ・ 順列と組み合わせ ・ 複素数と方程式 ・ 微分法と積分法
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[b5paper,11pt]{jarticle} \textwidth=136mm \topmargin=-15mm \pagestyle{empty} \begin{document} \noindent\fboxsep=2.3mm\framebox[7mm][c]{\textsf{1}\hspace*{.7pt}}\quad\,% \fboxsep=1.5mm\framebox[7mm][c]{ア}\makebox[2zw][c]{~}\framebox[7mm][c]{サ}% \ \,に入るべき数を,マーク解答用紙の該当する数字の部分\\[2mm]% \quad\ \ に1つだけマークせよ.\ \ ただし,分数はすべて既約分数で答えよ. $ \\[8mm] \quad\ (1)\ \ \ 3次方程式 \\[2mm] \hspace*{13.5zw} x^{\hspace*{.5pt}3}\hspace*{1pt}-\hspace*{1pt}p x^{\hspace*{.5pt}2}\hspace*{1pt}+\hspace*{1pt}11\hspace*{1pt}x\hspace*{1pt} -\hspace*{1pt}q=0 \\[3mm] \qquad\ \ が\hspace*{.3pt}3\hspace*{.3pt}つ\hspace*{.5pt}の\hspace*{.5pt}連% \hspace*{.5pt}続\hspace*{.5pt}す\hspace*{.5pt}る\hspace*{.5pt}正\hspace*{.5pt}% の\hspace*{.5pt}整\hspace*{.5pt}数\hspace*{.5pt}を\hspace*{.5pt}解\hspace* {.5pt}と\hspace*{.5pt}す\hspace*{.5pt}る\hspace*{.5pt}と\hspace*{.5pt}き,\ \ p=\,\framebox[7mm][c]{ア}\ ,\ \ q=\,\framebox[7mm][c]{イ}\ で \\[2mm] \qquad\ \ ある. \\[8mm] \quad\ (2) \displaystyle \\[4mm] \hspace*{5zw} \int_{-2}^{\hspace*{1pt}2}\, (\hspace*{1pt}\bigl|\hspace*{1pt} x^2\hspace*{1pt}-\hspace*{1pt}2x\hspace*{1pt}\bigr|\hspace*{1pt}+\hspace* {1pt}\bigl|\hspace*{1pt}x\hspace*{1pt}+\hspace*{1pt}1\hspace*{1pt}\bigr| \hspace*{1pt}+\hspace*{1pt}\bigl|\hspace*{1pt}x\hspace*{1pt}-\hspace*{1pt}1 \hspace*{1pt}\bigr|\hspace*{1pt})\,dx=\framebox[7mm][c]{ウ}\hspace*{-.6pt} \framebox[7mm][c]{エ}\ . \\[10mm] \quad\ (3)\quad\,1か\hspace*{.3pt}ら10^{\hspace*{1pt}5}=1\hspace*{.3pt}0 \hspace*{.3pt}0\hspace*{.3pt}0\hspace*{.3pt}0\hspace*{.3pt}0ま\hspace*{.3pt}で \hspace*{.3pt}の\hspace*{.3pt}す\hspace*{.3pt}べ\hspace*{.3pt}て\hspace*{.3pt} の\hspace*{.3pt}整\hspace*{.3pt}数\hspace*{.3pt}を,順に十進法で紙に書い\\[2mm] \qquad\ \ たとすると,数字7を全部で\ \framebox[7mm][c]{オ}\hspace*{-.6pt} \framebox[7mm][c]{カ}\hspace*{-.6pt}\framebox[7mm][c]{キ}\hspace*{-.6pt} \framebox[7mm][c]{ク}\hspace*{-.6pt}\framebox[7mm][c]{ケ}\ 回書くことになる. \\[10mm] \quad\ (4)\ \ \ 座標空間において,頂点の座標がすべて整数である正四面体の中で,\\[1mm] \qquad\ \ 体積が最小であるものの体積は\,\frac{\ \framebox[7mm][c]{コ}\ } {\framebox[7mm][c]{サ}}\,である. $ \end{document}