東北大学 前期文系 2004年度 問2

解答を見る

解答作成者: 伊藤 愁一

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 東北大学
学科・方式 前期文系
年度 2004年度
問No 問2
学部 文学部 ・ 教育学部 ・ 法学部 ・ 経済学部
カテゴリ ベクトル
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

\documentclass[fleqn,12pt]{jsarticle} %\usepackage[dvips,dviout]{graphicx,color} \usepackage{ascmac,array,framed,wrapfig} \usepackage{enumerate,amssymb,amsmath} %\usepackage{picins} %\usepackage[noreplace]{otf} %\usepackage{bm} \newcommand{\mb}[1]{\mbox{\boldmath $ #1 $}} % math-italic の bold 体が使える. % 指定は \mb. 例)\mb{y} : y の bold 体 \newcommand{\MARU}[1]{{\ooalign{\hfil#1\/\hfil\crcr\raise.167ex\hbox{\mathhexbox20D}}}} \def\Noteq{\mathrel{% \setbox0\hbox{=}\hbox{=}\llap{\hbox to\wd0{\hss$\backslash$\hss}}}} \newcommand{\ssqrt}[1]{\sqrt{\smash[b]{\mathstrut #1}}} \newcommand{\Not}[1]{\ooalign{\hfil$\backslash$\hfil\crcr$#1$}} \newcommand{\Dfrac}[2]{\dfrac{\,#1\,}{\,#2\,}} \newcommand{\VeC}[1]{\overrightarrow{\mathstrut {\,#1\,}}} \newcommand{\VEC}[1]{\overrightarrow{\mathstrut {\,\mathrm{#1}\,}}} \newcommand{\Frac}[2]{\frac{\,#1\,}{\,#2\,}} \newcommand{\comb}[2]{{}_{#1}\mathrm{C}\,{}_{#2}} \newcommand{\parm}[2]{{}_{#1}\mathrm{P}\,{}_{#2}} \linespread{1.2} \def\labelenumi{(\theenumi)} \def\labelenumii{(\theenumii)} \def\labelenumiii{(\theenumiii)} \def\theenumi{\arabic{enumi}} \def\theenumii{\roman{enumii}} \def\theenumiii{\alph{enumiii}} \pagestyle{empty} \begin{document} 四角形 OABC は辺 OA を下底,辺 CBを上底とし,$\angle\mathrm{AOC}$ と $\angle\mathrm{OAB}$ が等しい等脚台形である.$a = |\VEC{OA}|,~b=|\VEC{OC}|,~m = \VEC{OA}\cdot\VEC{OC}$ とおく. \begin{enumerate} \item $m < \Dfrac{a^{2}}{2}$ がなりたつことを示せ. \vspace{1mm} \item 等脚台形 OABC の面積 $S$ を $a,c,m$ を用いて表せ. \vspace{1mm} \item 対角線 OB と AC の交点を D とするとき,$\VEC{OD}$ を $\VEC{OA},~\VEC{OC}$ を用いて表せ. \end{enumerate} \end{document}