京都大学 前期理系 1999年度 問3

問題へ戻る

解答作成者: 米村 明芳

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

入試情報

大学名 京都大学
学科・方式 前期理系
年度 1999年度
問No 問3
学部 理 ・ 医 ・ 薬 ・ 工 ・ 農 ・ 総合人間(理)
カテゴリ
状態 解答 解説なし ウォッチリスト

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。 コメントをつけるにはログインが必要です。

\documentclass[a5j]{jsarticle} \usepackage{mystyle,picins} \begin{document} \input{size} \begin{FRAME} \quad \begin{toi} \item $a_0<b_0$,$a_1<b_1$ を満たす正の実数 $a_0$,$b_0$,$a_1$,$b_1$\ について,次の不等式が成り立つことを示せ. \[ \frac{{b_1}^2}{{a_0}^2+1}+\frac{{a_1}^2}{{b_0}^2+1}>\frac{{a_1}^2}{{a_0}^2+1}+\frac{{b_1}^2}{{b_0}^2+1} \] \item $n$ 個の自然数 $x_1$,$x_2$,$\cdots$,$x_n$ は互いに相異なり, \[ 1\leqq x_k \leqq n\quad (1\leqq k \leqq n) \] を満たしているとする.このとき,次の不等式が成り立つことを示せ. \[ \sum_{k=1}^n\frac{{x_k}^2}{k^2+1}>n-\frac{8}{5} \] \end{toi} \end{FRAME} %kai (1)$b_0>a_0>0$,$b_1>a_1>0$ により \begin{align*} &\frac{{b_1}^2}{{a_0}^2+1}+\frac{{a_1}^2}{{b_0}^2+1}-\frac{{a_1}^2}{{a_0}^2+1}+\frac{{b_1}^2}{{b_0}^2+1}\\ &=\frac{{b_1}^2-{a_1}^2}{{a_0}^2+1}-\frac{{b_1}^2-{a_1}^2}{{b_0}^2+1}\\ &=\frac{({b_1}^2-{a_1}^2)({b_0}^2-{a_0}^2)}{({a_0}^2+1)({b_0}^2+1)}>0\\ \therefore&\quad \frac{{b_1}^2}{{a_0}^2+1}+\frac{{a_1}^2}{{b_0}^2+1}>\frac{{a_1}^2}{{a_0}^2+1}+\frac{{b_1}^2}{{b_0}^2+1} \end{align*} \qed (2)$x_1<x_2<\cdots<x_n$ でないとする,すなわち,この中に $x_i>x_j$($1\leqq i<j\leqq n$)となるものがあるする.このとき $x_1$,$x_2$,$\cdots$, $x_n$ において $x_i$,$x_j$ を入れ換えたものを $y_1$,$y_2$,$\cdots$, $y_n$ とすると \begin{align} &\sum_{k=1}^n \frac{{x_k}^2}{k^2+1}-\sum_{k=1}^n \frac{{y_k}^2}{k^2+1}\notag\\ &=\frac{{x_i}^2}{i^2+1}+\frac{{x_j}^2}{j^2+1}-\frac{{y_i}^2}{i^2+1}-\frac{{y_j}^2}{j^2+1}\notag\\ &=\frac{{x_i}^2}{i^2+1}+\frac{{x_j}^2}{j^2+1}-\frac{{x_j}^2}{i^2+1}-\frac{{x_i}^2}{j^2+1}\tag*{$\cdots\cdots\cdots$\MARU{1}} \end{align} よって,$a_0=i\text{, }b_0=j\text{, }b_1=x_i\text{, }a_1=x_j$ として(1)を用いると, \[ \MARU{1}>0\qquad\therefore\quad \sum_{k=1}^n \frac{{x_k}^2}{k^2+1}>\sum_{k=1}^n \frac{{y_k}^2}{k^2+1} \] したがって,$\dsum_{k=1}^n \frac{{x_k}^2}{k^2+1}$ の値が最小となるのは ($1\leqq$)$x_1<x_2<\cdots<x_n$($\leqq n$)となるときで,このとき $x_k=k$ ($k=1$,2,$\cdots$,$n$)だから\\ \begin{align} \sum_{k=1}^n \frac{{x_k}^2}{k^2+1}&\geqq\sum_{k=1}^n \frac{k^2}{k^2+1}\notag\\ &=\sum_{k=1}^n\Bigl(1-\frac{1}{k^2+1}\Bigr)=n-\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2+1}\tag*{$\cdots\cdots\cdots$\MARU{2}} \end{align} \parpic[r]{\input{99zs3fig.tex}} ここで,右図より \begin{gather} \sum_{k=1}^n\frac{1}{k^2+1}=\text{(斜線部の面積)}\notag\\ <\int_0^n \frac{1}{x^2+1}\,dx\tag*{$\cdots\cdots\cdots$\MARU{3}} \end{gather} ここで,$x=\tan\theta$ とおくと,$n=\tan\alpha$\ $\Bigl(0<\alpha<\dfrac{\pi}{\,2\,}\Bigr)$ をみたす $\alpha$ に対して \begin{align*} \MARU{3}&=\int_0^\alpha \frac{1}{\tan^2\theta+1}\cdot\frac{1}{\cos^2\theta}\,d\theta\\ &=\int_0^\alpha 1\,d\theta=\alpha<\frac{\pi}{2}<\frac{3.2}{2}=\frac{8}{\,5\,} \end{align*} これと\MARU{2}から \[ \sum_{k=1}^n \frac{{x_k}^2}{k^2+1}>n-\frac{8}{5} \] \qed \chu (1)はなんでもないが,これを(2)で使えることに気づくかどうかがポイント である.以前から何度も多くの大学で出題されてきたテーマのひとつに次のものがある. \par  「2組の$n$個の実数 $x_1$,$x_2$,$\cdots$,$x_n$;$y_1$,$y_2$,$\cdots$, $y_n$ が与えられていて \[ x_1\leqq x_2\leqq\cdots\leqq x_n\text{, }y_1\leqq y_2\leqq\cdots\leqq y_n \] を満たしているとする.このとき,$y_1$,$y_2$,$\cdots$, $y_n$ を任意に並べかえたものを $z_1$,$z_2$,$\cdots$,$z_n$ とすると, \[ \sum_{k=1}^n x_k y_{n-k+1}\leqq\sum_{k=1}^n x_k z_k\leqq\sum_{k=1}^n x_k y_k \] が成り立つ.」\par (証明は解答と同様にできるので考えて欲しい.) このことは「数の積の和は,大きいものどうしを組んだほうが大きく,大小の順 序を逆に組むと小さくなる」といえる. この特殊な場合が(2)で,$\dfrac{1}{k^2+1}$ は減少だから $x_k$ は増加に するほうが和は小さくなる.  (2)の後半は,数列の和 $\dsum_{k=1}^n \dfrac{1}{k^2+1}$ の評価であるが,これは面積 とみなして積分により評価するのが定石である.このまま帰納法でやろうとして もうまくいかない.また,次のように和の求められる形 $\dsum_{k=2}^n \dfrac{1}{k^2-1}$ により評価してもよい.  $n\geqq 2$ のとき, \begin{align*} \sum_{k=1}^n\frac{1}{k^2+1}&=\frac{1}{\,2\,}+\sum_{k=2}^n\frac{1}{k^2+1}\\ &<\frac{1}{\,2\,}+\sum_{k=2}^n\frac{1}{k^2-1}\\ &=\frac{1}{\,2\,}+\frac{1}{\,2\,}\sum_{k=2}^n\Bigl(\frac{1}{k-1}-\frac{1}{k+1}\Bigr)\\ &=\frac{1}{\,2\,}+\frac{1}{\,2\,}\Bigl\{\Bigl(\frac{1}{\,1\,}-\frac{1}{\,3\,}\Bigr)+\Bigl(\frac{1}{\,2\,}-\frac{1}{\,4\,}\Bigr)+\cdots\\ &\hspace{10zw}+\Bigl(\frac{1}{n-2}-\frac{1}{n}\Bigr)+\Bigl(\frac{1}{n-1}-\frac{1}{n+1}\Bigr)\Bigr\}\\ &=\frac{1}{\,2\,}+\frac{1}{\,2\,}\Bigl(1+\frac{1}{\,2\,}-\frac{1}{n}-\frac{1}{n+1}\Bigr)\\ &<\frac{1}{\,2\,}+\frac{1}{\,2\,}\Bigl(1+\frac{1}{\,2\,}\Bigr)=\frac{5}{\,4\,}<\frac{8}{\,5\,} \end{align*} %\betu %\chu \end{document}