実無限と可能無限

  • 公開日時: 2020/07/17 14:47
  • 閲覧数: 452
  • コメント数: 2
  • カテゴリ: 教養・雑学

高校の現代文の教科書に「実無限」「可能無限」という言葉が、出ていますが

2つの無限を区別する分かり易い数学に関する具体例がありましたら教えてください。

 

公序良俗に反する不適切な投稿を発見された方はこちらよりご報告ください

この投稿にフォローする

コメントをつけるにはログインが必要です。

全件表示

No メッセージ 投稿者 日時    
1
いつも楽しく拝見させていただいています。
この度,コメントをつけるため会員登録をしました。

実無限:私たちが習ってきた数学での「無限」で,それは実在する。
可能無限:上記のような「無限」は実在せず,例えば無限小数はどこまでも展開される可能性のみが存在する

なので,
 実無限 では,0.999…=1
 可能無限では,0.999…<1
となると,私は理解しています。
コーギー さん 2020/07/22 16:50:17 報告
2
コーギーさん
分かり易い具体例を紹介してくださり
ありがとうございます。
 
可能無限:無限を把握できるのは,限りがないということを確認する
     操作が存在していることだけで、無限全体というのは認識
     できないとする立場。

実無限: 無限の対象の全体性を把握して, 無限が実際存在している
     とする立場

上記は、
他の方から教えていただいた砂田利一先生の文章の中にあった2つの無限の意味です。コーギーさんの具体例でより分かり易くなりました。
クロニャンコ さん 2020/07/23 13:41:30 報告