数列の極限の定義について

qip さん

  • 公開日時: 2019/06/01 00:21
  • 閲覧数: 259
  • コメント数: 0
  • カテゴリ: その他

数列{a_n}がAに収束するとは
任意のε>0に対して自然数τが存在して、
(n >= τ)  ->  (|a_n - A| < ε)                        (Pconv1とおく)
が成り立つことをいう

という定義をよく見るのですが、|a_n - A| < εを|a_n - A| <= εのように等号の条件も加えた数列の収束の定義はまずいですか?

等号があってもOKなら、等号付きの定義のほうが良い(τをを見つける条件がゆるくなるので)と思ったのですが、等号なしがよく使われている理由があるなら教えてください。

公序良俗に反する不適切な投稿を発見された方はこちらよりご報告ください

この投稿にフォローする

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。