『脱サラリーマン0点答案』

  • 公開日時: 2018/11/30 18:04
  • 閲覧数: 1754
  • コメント数: 5
  • カテゴリ: その他

「仮説」(校正中)

 

『脱サラリーマン[式:…]点答案』-非ライプニッツ微積分学-

 

[式:…]

          [式:…]

 

曲線は[式:…]

            [式:…] である。

[式:…]の円球体と中心点の間は[式:…][式:…]の正方体と各頂点の間は[式:…]

 

[式:…]との接点は(1, 1)と(1,-1)である。

あるいは[式:…]

                     [式:…]の解[式:…][式:…]である。

 

[式:…]のとき、[式:…] とすると、[式:…]

[式:…]

    [式:…]である。

 

複素数[式:…] はピタゴラスの定理による絶対値[式:…]として 虚数[式:…] の消去ができる。

[式:…]

   [式:…]

   [式:…] のとき、[式:…]

[式:…][式:…] のときと同様である。[式:…]

 

曲線[式:…] の合計中心軸 [式:…] の直線上にある[式:…]点の指数[式:…]

複素数平面における曲線[式:…] の左辺すなわち虚数の合計中心軸[式:…]

あるいは右辺すなわち実数の合計中心軸[式:…]  の直線上にある。

曲線[式:…] の全平面的な合計中心点が0点(1/2, 0)である。

 

左辺すなわち虚数の合計中心軸[式:…]の直線上のとき、数値的には[式:…] である。

(0)が(白点)のとき、(0)-(曲線点)と(0)+(曲線点)は

「+と-」の(曲線点)の「和」として(0)が「中心」の(黒点)になる。

左辺すなわち虚数の合計中心軸[式:…]の「中心」の(2重点)は[式:…] だけである。

 

右辺すなわち実数の合計中心軸[式:…]の直線上のとき、数値的には [式:…] である。

(1/2)が(白点)のとき、(1/2)-(曲線点)と(1/2)+(曲線点)は

「+と-」の(曲線点)の「和」として(1/2)が「中心」の(黒点)になる。

右辺すなわち実数の合計中心軸[式:…]の「中心」の(2重点)は [式:…] だけである。

 

[式:…]

           [式:…]

 

曲線は [式:…]

             [式:…]である。

[式:…]の円球体と中心点の間は[式:…][式:…]の正方体と各頂点の間は[式:…]

 

[式:…]との接点は(1, 1)と(1,-1)である。

あるいは[式:…]

                      [式:…]の解[式:…][式:…]である。

 

[式:…]のとき、[式:…] とすると、[式:…]

[式:…]

    [式:…] である。

 

これは『脱サラリーマン0点答案』-非ライプニッツ微積分学-である。

 

[式:…]     [式:…]  ⓒ  (未完)

 

「検証」(あるいは訂正や削除の場合がある。)

 

公序良俗に反する不適切な投稿を発見された方はこちらよりご報告ください

この投稿にフォローする

コメントをつけるにはログインが必要です。

全件表示

No メッセージ 投稿者 日時    
1
[式:…]
だらりんぽん さん 2018/12/03 01:43:28 報告
2
[式:…]
[式:…]
[式:…]
だらりんぽん さん 2019/01/05 13:41:16 報告
3
いわゆる曲線[式:…]とは
[式:…] なのではないか?
ということです。

だらりんぽん さん 2019/01/12 13:12:31 報告
4
「非ライプニッツ微積分学」?
半径n乘の円球体と辺m乘の直方体の微積分は同じではないと思う。
だらりんぽん さん 2019/01/24 00:43:26 報告
5
? but 1/2
だらりんぽん さん 2019/02/11 15:19:40 報告