相加平均A、相乗平均G、調和平均H の関係

prime_132 さん

  • 公開日時: 2018/11/12 23:28
  • 閲覧数: 173
  • コメント数: 0
  • カテゴリ: 教養・雑学

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

公序良俗に反する不適切な投稿を発見された方はこちらよりご報告ください

この投稿にフォローする

コメントをつけるにはログインが必要です。

コメントはまだありません。

〔Kuczmaの不等式〕 ${ a, b, c\ (>0) }$ の 相加平均A、相乗平均G、調和平均Hは   ${ A\ =\ (a+b+c) / 3, }$   ${ G\ =\ (abc) ^{1/3}, }$   ${ H\ =\ \frac{3}{1/a+1/b+1/c}, }$ で与えられます。このとき、   ${ (A/G) ^{3}\ +\ (G/H) ^{3}\ +1\ \le\ (3/4) (1\ +\ A/H) ^{2}, }$ を示して下さいです。 . ( //www.imomath.com/othercomp/Journ/ineq.pdf 1834. by M.E.Kuczma, Warszawa, Poland) ( //rio2016.5ch.net/math/ 不等式スレ9 - 854,859,862 ) ( //www.casphy.com/bbs/highmath/472060/ 318 ) {a,b,c} のうちの2つが一致すれば等号ですよ。