2018 名古屋大学/理系 第 2 問 参考文献

  • 公開日時: 2018/02/28 07:17
  • 閲覧数: 517
  • コメント数: 3
  • カテゴリ: 入試・教育

2002 年の寄稿から

https://www.maa.org/sites/default/files/pdf/mathdl/CMJ/Couch399-400.pdf

 

2014 年の論文から

数年前に, ギリシャの方から, 教えていただきました。

この論文が, 名古屋大の問題の全てを語っています. 実際, 本問の模範解答ではありませんが。

http://ami.ektf.hu/uploads/papers/finalpdf/AMI_43_from159to170.pdf

公序良俗に反する不適切な投稿を発見された方はこちらよりご報告ください

この投稿にフォローする

コメントをつけるにはログインが必要です。

最新10件表示

No メッセージ 投稿者 日時    
1
>この論文が, 名古屋大の問題の全てを語っています.
よく見つけられましたというか、記憶されていますね。

問題に対する私の感想
2.(1),(2) 受験生は、解答に戸惑ったと想像します。
採点苦労しそう。(3)の値は求まったかな?

3.二項定理利用の2012年の問題を思い出す。

4.各予備校もコメントしている名大の好きな確率漸化式。

1.(4) 誘導があっても差がついた問題でしょうね。

文系の1番 最初から難問。

すうじあむ 動作が戻りましたね。
クロニャンコ さん 2018/03/01 22:13:56 報告
2
おじゃま虫です。

a>0, a≠1 とします。
[式:…][式:…] (1.1)
の交点は、すなわち
[式:…] (1.2)
の解です。

[式:…]
 (1.2) の解の数は、

[式:…] のとき 0個

[式:…] のとき 1個

[式:…] のとき 2個

[式:…] のとき 1個

[式:…] のとき 3個


〔例〕
[式:…]
[式:…]
[式:…]
[式:…]
[式:…]
prime_132 さん 2018/03/03 05:14:24 報告
3
以前見たことを思い出しました。
http://suseum.jp/gq/question/573
数セミの記事(安田先生出題:解答2005年5月号)
平賀先生の’すうじあむ’への投稿
http://suseum.jp/gq/question/571
ちなみに、慶応大(理工)1987年2番
条件よいのでしょうか?
クロニャンコ さん 2018/03/04 17:15:36 報告